編集者・ライター 
河尻 亨一 Koichi Kawajiri

企画・インタビュー・執筆・翻訳・講義etc 最初から最後まで一人で全部やる"ロンリー・キャット"な編集者。マーケティング・クリエイティブ領域に強い

主な経歴
1974年生まれ、大阪市出身。雑誌「広告批評」在籍中には、広告を中心にファッションや映画、写真、漫画、ウェブ、デザイン、エコなど多様なカルチャー領域とメディア、社会事象を横断する様々な特集企画を手がけ、約1000人に及ぶ国内外のクリエイターにインタビュー。現在は雑誌・書籍・ウェブサイトの執筆編集から、企業の戦略立案、イベントの企画・司会など。翻訳書に『クリエイティブ・スーパーパワーズ』(左右社)。2020夏、伝説のデザイナー石岡瑛子の伝記『TIMELESS』を刊行予定。仕事旅行社キュレーター、東北芸術工科大学客員教授。

働き方のわかるHPなど
http://eiko-timeless.com/

相談者へのメッセージ

相談内容

(私の仕事のつくり方3か条)
・現場をウロウロしてみる
・ひとつのことに全力投球
・仕事の秘訣は猫から学べ

(相談員からのコメント)
こういうのは本来"面と向かって"行うのが満足度も高まると思いますが、状況が状況なのでオンラインで。
私が実践してきた"仕事のつくり方"をもとに、リアルなアドバイスをすることならできそうです。
ダラダラ相談になってしまうのは避けたいので、事前に「記事」を執筆してもらいます。
テーマは「400字で自分を"宣伝"する」。自己紹介文のようなものとお考えください。
くわえて相談したいことの概要も書いてもらいます。
相談内容は「仕事のつくり方」がメインですが、それ以外でも構いません。
「編集者になりたいのですが」みたいな専門的なものから、「会社辞めたいのですが」みたいなざっくりした悩みでもOKです。
それを事前に分析した上で、あなたの"カルテ"をつくり、あなたという人を"編集(=整理)"しながらアドバイスするのが、当相談室の特長。おまけとして文章添削もします。
コロナショックで頭の中がゴチャゴチャになってる人にオススメです。

(相談日当日の流れ)
最初の30分:相談内容の確認と提出物へのフィードバック
中盤の30分:ミニ講義:私の仕事のつくり方
ラスト30分:対話によって課題の解決策を探す

(特記事項)
※お申し込みいただいたのち、記事執筆用のフォーマットをお送りします。
相談日前日の21時までに指定のアドレスまでメール提出してください。
※相談は1週間に1回お一人さま限定。
※時間は毎週、水曜19時半~21時までの90分です。
※どうしても面会相談をご希望の場合はその旨お知らせください。
10,000円/90分
相談可能日/水曜日 19:30

注意事項

・お客様への代金の請求(決済)は、相談実施後に行います。
・事前に目的や相談内容をヒアリングいたします。
・内容によってはお断りする場合がございます。
・相談は基本的にマンツーマンを想定しています。
 グループで相談に申し込む場合は事前に下記のお問い合わせフォームよりご相談ください。

仕事旅行社からのお約束 

・利用者さまからの相談内容については、守秘義務を徹底しています。相談員と話したことは第三者に伝わることはありません。

・万が一、相談にご満足いただけなかった場合には、初回に限り全額返還しております。

・相談員の登録にあたっては、人間性、経験の観点から仕事旅行社が信頼に足ると認めた場合のみ、登録をしています。