「メディア」をつくる人
大牧 圭吾 Keigo Ohmaki

就職氷河期に大学受験で全滅。何とか滑り込んだ編プロからキャリアをスタートし、現在4社目。37歳を過ぎてから「3つ(+α)のメディア」を立ち上げました。

主な経歴
1977年8月19日 長野県安曇野市生まれ。 映像ディレクターとして、農林水産省や総務省のPR映像をはじめ、秋田県、長野県、神奈川県、和歌山県など、全国の地方自治体の移住促進PR映像などを手がける傍ら、「ニッポンの手仕事を、残していく」をコンセプトに掲げる動画メディア『ニッポン手仕事図鑑』を2015年1月に立ち上げ、編集長に就任。未来に残していきたい日本の技術や文化を、国内外に向けて発信している。また、教育分野にも力を入れており、2017年9月には『子どものためのニッポン手仕事図鑑』を出版。全国の大学、高校でも積極的に講義を行っている。その他、秋田県鹿角市の求人&ローカルメディア『スコップ』の発行人も務め、個人ブログ『自分の仕事は、自分でつくる』は2000日以上、毎日更新を続けている。

働き方のわかるHPなど
https://www.jibungoto.work/
https://nippon-teshigoto.jp/
https://scoop-scoop.jp/

相談内容

(私の仕事のつくり方3か条)
・「スピード」を意識して、行動する
・「量」を意識して、行動する
・「丁寧」を意識して、行動する

(相談員からのコメント)
「明日の行動を決める」 「才能やお金を言い訳にしない」

37歳のとき、たった5万円という新規事業予算で「ニッポン手仕事図鑑」を立ち上げ、お金のかからない個人ブログで発信を続けながら、自分のキャリアをつくり、新しいメディアやファンをつくってきました。

そこで意識していたのは、言い訳をせず、ただただ「行動する」ということでした。

以前、自分のブログで『キャリアの8割は、「予期しない出来事」や「偶然の出会い」がつくる』という記事を書かせていただいたのですが、先行きが見えない時代だからこそ、悩み、考えているだけではダメで、「明日、行動していくことが何よりも大事」だと考えています。

今回相談に乗らせていただくのは「自分でメディアをつくりたい人」「情報発信を学びたい人」とさせていただいていますが、自分のキャリアに迷っているビジネスマンや学生さんも大歓迎です。

じっくりと話をしながら、明日の一歩を決めるお手伝いをさせていただきます。

(相談日当日の流れ)
最初の10分:相談内容のヒアリングと、今回のゴール設定の確認
中盤の30分:悩みの相談または、話してほしいテーマでミニ講義をします
ラスト20分:明日からの行動を決める(「やる!」と決める)

(特記事項)
※原則、実施時間は19時以降とします(要相談)
※お申込み後、簡単なプロフィールと、聞いてみたいことを事前にご連絡ください。
※学生の方は「学割(半額)」が適用されます。
5,000円/60分
相談可能日/月曜ー金曜日19:00〜21:00

学割価格

学生の相談に限定して、下記の価格でご案内します。
2,500円/60分
相談可能日/月曜ー金曜日19:00〜21:00

注意事項

・お客様への代金の請求(決済)は、相談実施後に行います。
・事前に目的や相談内容をヒアリングいたします。
・内容によってはお断りする場合がございます。
・相談は基本的にマンツーマンを想定しています。
 グループで相談に申し込む場合は事前に下記のお問い合わせフォームよりご相談ください。

仕事旅行社からのお約束 

・利用者さまからの相談内容については、守秘義務を徹底しています。相談員と話したことは第三者に伝わることはありません。

・万が一、相談にご満足いただけなかった場合には、初回に限り全額返還しております。

・相談員の登録にあたっては、人間性、経験の観点から仕事旅行社が信頼に足ると認めた場合のみ、登録をしています。