田舎暮らしゲストハウス運営
高柳 沙月 Satsuki Takayanagi

新卒で大阪の生命保険会社の営業職に就く。 時代の流れや都会暮らしに疑問を持ち、 色んなご縁とタイミングで24歳の時に 和歌山県古座川町へ単身移住。暮らし体験施設やコミュニティ作りを目指し 25歳の時に会社を立ち上げる。

主な経歴
1992年生まれ。大阪生まれ大阪育ち。 和歌山大学を卒業し、住友生命の総合営業職として就職する。 会社に丸2年勤めて、和歌山県古座川町へ単身移住。 1年は農業を経験し、移住2年目の時に会社を設立して ゲストハウスをオープン。今は田舎シェアハウスの準備中。

働き方のわかるHPなど
HP:https://lacoma.co.jp/message/
インスタ:https://www.instagram.com/lacoma.house/
YouTube:https://youtu.be/241fBv6l-TQ
Facebook:https://m.facebook.com/lacomagesthouse/?locale2=ja_JP


相談者へのメッセージ

相談内容

(私の仕事のつくり方3か条)
・全ての人・モノ・コトに感謝する
・失敗を恐れない
・こだわりを持って変なプライドは捨てる

(相談員からのコメント)
幼い頃から「田舎暮らし」を夢見ていました。
人の温かさや食べ物の新鮮さを生活の一部として 取り入れることが出来る暮らしをしたかったのです。 

20代を過ぎると、色んな働き方・暮らし方・生き方に触れ、「田舎暮らし」は老後の生活だと考えていた私ですが、チャレンジをするなら『今だ!』と思い24歳の時に 田舎の地へ飛び込みました。 

もちろん理想と現実のギャップはあり、苦労したり悩んだりも沢山ありましたが、少しずつ私が やりたかったことがカタチになっています。 

田舎に住んで、色んな人に触れて「生きる力」がこの3年で 格段に上がったようなきがします。 

【田舎暮らしに興味のある方、女性ならではのお悩み、 現状の働き方、暮らし方、生き方に疑問を持っている方】 是非お気軽にご相談下さい◎ 

私が経験してきたこと、体験してきたことを包み隠さずお話します。 

(相談日当日の流れ)
最初の15分:お互いの自己紹介
中盤の30分:質問・ご相談
ラスト15分:現状把握、これからどうしていきたいか

(特記事項)
※日程の予約時に現状を共有いただくためのフォーマットをお送りします。
※基本オンラインでの対話となります。
※アドバイスではなく、対話を通して問題解決を目指します。
5,000円/60分
相談可能日/月曜ー金曜日9:00〜21:00

注意事項

・お客様への代金の請求(決済)は、相談実施後に行います。
・事前に目的や相談内容をヒアリングいたします。
・内容によってはお断りする場合がございます。
・相談は基本的にマンツーマンを想定しています。
 グループで相談に申し込む場合は事前に下記のお問い合わせフォームよりご相談ください。

仕事旅行社からのお約束 

・利用者さまからの相談内容については、守秘義務を徹底しています。相談員と話したことは第三者に伝わることはありません。

・万が一、相談にご満足いただけなかった場合には、初回に限り全額返還しております。

・相談員の登録にあたっては、人間性、経験の観点から仕事旅行社が信頼に足ると認めた場合のみ、登録をしています。