スモールビジネスの可能性を拓くPRの人
岡山 史興 Fumioki Okayama

「平和」を追求したら、スモールビジネスにたどり着きました。自分の人生を自分でつくりあげていく人の背中をそっと押すための事業を営んでいます。

主な経歴
1984年長崎県生まれ。「高校生平和大使」としてのローマ法王謁見やNPO立ち上げの経験から「“平和”にPRの力を」と考え、PRの道に足を踏み入れる。戦略PRコンサルティング会社勤務時代に町工場発プロダクトのブランド立ち上げや、グローバルIT企業による日本の中小企業支援事業をサポートする中で、スモールビジネスや地域の伴走者をミッションに定める。2014年にStory Design house社を共同創業のち、2017年より70seeds株式会社 代表取締役編集長。「次の70年に何をのこす?」をコンセプトに、企業・地域のPR/ブランド支援やウェブメディア『70seeds』運営に取り組む。現在は日本一小さな村として知られる富山県舟橋村と東京の二拠点生活。

働き方のわかるHPなど
https://www.70seeds.jp/
https://note.com/230okym

相談者へのメッセージ

相談内容

(私の仕事のつくり方3か条)
・仕事は相手ありき
・対価は絶対ではなく相対的なもの
・言葉は体感からのみ生まれる

(相談員からのコメント)
人が生きていく上で「豊か」に生きるとはどういうことなのか。また、「幸せ」とはどんな状態なのか。 きっと、ひとそれぞれ定義は異なるのでしょうが、私がいまのところ確信している「幸せ」の必要条件は「自分の人生の主導権が自分自身にある」ことです。

どこで暮らすか、どんな仕事をするのか、だれと過ごすか、何を食べるのか−−「生きる」ということはたくさんの選択から成り立っているように見えて実は、本心から選択できていることは少なかったりします。

心が望まないこととだましだまし付き合っていくのはなかなか苦しいもの。 自分自身の望む生き方を実現するためにはそれなりの覚悟や行動が必要ですが、ひとつでも多くの選択権が自分の手の中にあることは、間違いなくあなたの心をやわらかいものにしてくれます。

大人にとって、そんな自分の人生の主導権を握るためのもっとも即効性があり手元に残る方法、それが「しごとづくり」。

私が新卒で勤めていたPR会社を辞めて自分の会社を立ち上げたのは6年前のことでした。 会社員時代は毎日朝7時から深夜まで働く日々でしたが、仕事の内容自体にはやりがいを感じていたし決してお給料も悪くありませんでした。

一方で、もっとも大切にすべき家族やライフワークでもあった「平和」というテーマに向き合えていない自分の姿にふと気づいたとき、「もっと自分の意志で自分の人生を動かすことのできる働き方」が必要だと強く感じたのです。

そうして実現してきた生き方・働き方は、誰かに与えられるやりがいやお金とは比較にならない、手触りのある豊かさをもたらしてくれました。
そんな私の経験があなたのお役に立てば嬉しく思います。

もちろん私の経験はあくまでも一例にすぎません。今はモヤモヤしていても大丈夫です。具体的な道筋を一緒に探り当てていきましょう!

(相談日当日の流れ)
最初の10分:お互いの自己紹介
中盤の30分:今抱えているモヤモヤをお聞きしながら対話
ラスト20分:これからのアクションや方向性を探る

(特記事項)
※簡単なプロフィールとご相談事項について、事前にフォーマットからおよせいただくと当日の流れがスムーズです。
※基本オンラインでの対話となります。
※週に1名程度のご相談受付を想定しております。
10,000円/60分
相談可能日/月曜ー金曜日9:00〜21:00

注意事項

・お客様への代金の請求(決済)は、相談実施後に行います。
・事前に目的や相談内容をヒアリングいたします。
・内容によってはお断りする場合がございます。
・相談は基本的にマンツーマンを想定しています。
 グループで相談に申し込む場合は事前に下記のお問い合わせフォームよりご相談ください。

仕事旅行社からのお約束 

・利用者さまからの相談内容については、守秘義務を徹底しています。相談員と話したことは第三者に伝わることはありません。

・万が一、相談にご満足いただけなかった場合には、初回に限り全額返還しております。

・相談員の登録にあたっては、人間性、経験の観点から仕事旅行社が信頼に足ると認めた場合のみ、登録をしています。